講談社、そんな手抜きして大丈夫か?
現代ビジネスという、講談社が運営するサイトがあります。

ある記事を見ていたら、一本の記事の中に2箇所も間違いがありました。

一度読んだだけで2つ見つけたから、丁寧に読めばもっと出てくるのかも。

私が運営しているサイトでも、ミスが多いのは否定できません。

More
[PR]
# by to_war | 2010-10-27 14:38 | 経済に関するニュース
米GM復活の兆し?

米GMが2004年以来の好決算を発表しました。

■米GMの第2四半期純利益は13億ドル、04年以来最高

 [デトロイト 12日 ロイター] 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)[GM.UL]が12日発表した第2・四半期決算は、純損益が13億ドルの黒字となり、四半期としては2004年以来の最高益となった。

 1株当たりでは2.55ドルの黒字。

 第1・四半期の純利益は8億6500万ドルだった。

 売上高は332億ドルと、第1・四半期の315億ドルから増加。北米地域での好業績が寄与した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100813-00000593-reu-bus_all


More
[PR]
# by to_war | 2010-08-13 06:10 | 経済に関するニュース
新聞社の人件費は高すぎる?
 
赤字なのに社員は全員高給取り 変わりたくても変われない新聞業界の「高コスト体質」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100124-00000000-sh_mon-bus_all


新聞社が高コストの体質から抜け出せないという記事です。
詳しい内容は記事を読んでもらうとしましょう。

個人的に気になるのは社員の給与に関する点です。
次の部分ですね。

> また社員の高給も収益を圧迫する要因のひとつだ。朝日新聞社は4年以上減収が続き、赤字に転落しているのにもかかわらず社員の平均年収は1337万円、 3年連続減収の日本経済新聞社も1284万円と、国内の全業界でもトップレベルの高給を維持している。読売新聞社については平均年収は非公表だが、部数では1000万部を突破し全国紙トップであることから、年収も同等水準であると推測される。

個人的には記者の年収が1,300万円なら、まあ納得がいくんです。
新聞記者は、一応、スキルのある仕事と考えられています。
専門技術を持っている人が高給を取るのは自然です。

でも、総務とか人事とか、全ての部門で高給にする必要があるかは検討する余地があるでしょうね。
平均給与が1,300ということは、これらの部門の給与も高いことが予想されますよね。

総務の仕事なんて、新聞社でやっても、銀行でやっても、メーカーでやっても同じはずですからね。
新聞社だけ総務の給与が高いなんて本来おかしな話です。


まあ、ずっと赤字を続けるわけにはいかないですから、何らかの対応はするのでしょう。

少なくとも、新聞の部数が飛躍的に伸びるとは考えにくいです。
ということは、コストを削っていくしかありません。

問題は、どう削るかでしょう。
[PR]
# by to_war | 2010-01-24 15:04 | 経済に関するニュース
しびれるようなマネーゲームはいかが?
日航の株でマネーゲームをする人がいるようです。
個人的には、こういう状態は予想していましたが、さすがに参加する気にはなれません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100122-00000549-san-bus_all


実際にどういうような事が行われているのでしょう?

日航の株式に関しては、100%の減資が決まっています。
つまり、現在の株式は完全に無価値になります。

それにも関わらず、株価は1円から3円の間で動いているようです。
ということは、1株1円で買って2円で売れば、投資額を2倍にすることが可能です。
1円で買って3円で売れば、3倍ですね。

ただ、これに失敗して、最後まで売ることができないと、投資した全額を損することになってしまいます。


このゲームはかなりしびれると思いますよ。

日航の株式は1,000株単位で投資可能です。
1株1円なら1,000円で投資可能です。

もちろん、すすめはしません。
ただのギャンブルですから。

でも、やってみたい人もいるのでしょうね。
[PR]
# by to_war | 2010-01-23 02:12 | 経済に関するニュース
マンションの販売戸数が4万戸割れ
2009年のマンション販売は低調だったようです。
不動産経済研究所というところの発表によると、3万6376戸ということでした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100119-00000080-jij-bus_all

4万個を割り込むのは17年ぶりなのだとか。
17年前というと、バブルが崩壊して、ディベロッパーが悲惨だった時代ですね。

景気がいかに悪いかがうかがわれます。

ところで、今年は4万戸以上になる見通しのようです。
といっても、4万3千戸ということですから、依然低水準ですね。
今年の前半は、かなり厳しいのでしょうね。

まあ、今年の後半に期待しましょう。
[PR]
# by to_war | 2010-01-20 10:44 | 経済に関するニュース
日航の株価が5円に
日航の株価がついに1株5円まで下げました。

日航みたいな会社だと、「親方日の丸みたいな会社だから大丈夫」と考えて買った人も多いでしょうね。
株式に投資するときには、そんな考えで買ってはいけないというお手本になってしまいました。

特に、長期で持っていた人の中には大怪我した人も多かったでしょう。

例えば、1年前に買っていれば、およそ1株200円でしたから、株価としてはおよそ40分の1にまで下がっています。

でも、この手の会社って、何故か買ってしまう人いるんですよね。
有名な会社なら大丈夫と安易に判断してしまうのかなあ?

株を買うときは、財務諸表を確認する事を忘れてはいけないですね。
そして、どんな会社でも倒産する可能性があることは肝に銘じておかないといけません。


もちろん、空売りを狙っている人には、美味しい株だったでしょうけどね。
[PR]
# by to_war | 2010-01-19 03:33 | 経済に関するニュース
ミシュランがタイヤの国内生産を修了へ
ミシュランは、日本国内でのタイヤ生産から撤退する。太田工場(群馬県太田市)でのタイヤ生産を7月で終了し、工場を閉鎖する。太田での研究開発は継続する。
http://response.jp/article/2010/01/16/134866.html


不景気の影響で、赤字が拡大しているのだとか。
何でも、生産コストが倍近くかかるというのだから、しかたが無いといえばしかたが無いのかも。

これだけコストがかかるのなら、他のアジア諸国で生産して、日本に輸入した方が儲かるのでしょう。
輸送コストのほうが安そうですよね。


それにしても、外資系の企業に就職すると、突然の解雇というリスクは大きいですね。

日本企業の場合、他の支店や工場に移れたりしますが、外資の場合国内に一箇所しか支店・工場がない場合も多いです。
そうなると、海外勤務をするか、首になるかどちらかですよね。
どちらにしても、いい決断といえるかどうか…。


外資に入る人は、覚悟しておかないといけない問題ですね。
[PR]
# by to_war | 2010-01-17 08:36